ガングロ世代もいまは美白

ガングロ世代もいまは美白

日本の美容の歴史の中で、アンチ美白の時代がありました。それが「ガングロ」と呼ばれる若い女性が大流行した時代、1990年代後半から2000年前半位のことです。若い女性はこぞって肌を焼くことをお洒落としていました。それは当時既に若者の時代を終えようとしていた筆者には、小麦色を超えて真っ黒ともいえるべき範囲の焼き具合でした。日焼け文化が進んだ結果、必然的に日焼けサロン(いわゆる日サロ)も繁盛し、日焼けマシーンもこの時期に随分進化しました。それから時は流れ、ガングロという文字も随分色あせてしまい、それと同時にガングロ世代真っ只中だった女性たちもよい年代の大人になりました。
つい先日、テレビに、当時ガングロファッションを楽しんだ女性たちの現在の様子を、当時を振り返りながら放送している番組がありました。当時の肌の焼き方と元々持っている肌の力にもよると思いますが、女性たちは、その後美白をポリシーとして美容を楽しんでいるようで、当時の面影は全くなく、白くて美しいお肌づくりに一生懸命でした。
「若気の至り」だったとも・・・(笑)ま、おばちゃん筆者からみると、ガングロ女子は、日焼けだけでなく、白を基調とした大胆なメイク方法も結構インパクトあったんですけどね。