お肌の下の話

お肌の下の話

お肌の状態やお化粧のノリは気になるけれど、実際お肌の下ではどんなことが行われているのでしょうか。ちょっとお肌のすぐ下を覗いてみることにしましょう。
お肌の表面からすぐ下辺りを顕微鏡で拡大して覗いてみると、細胞が見えます。この細胞が綺麗に整列している状態なら、キメの整ったお肌となります。また、細胞の一つ一つにしっかり水分が詰まっていると、お肌が全体的にハリのあるふっくらしたものとなります。お肌の表面では肌周期があり、一定の期間で古い角質が剥げて新しい角質が生まれます。この周期が正常であれば、いつでも新しい角質がある状態なので、柔らかいお肌となります。日焼けをした際は、お肌を守るため、すぐ下にメラニンが生成されるため、お肌が一時的に褐色になります。何度も続けていくと再生する暇がなくなるので、メラニンが沈着してシミシワの原因となります。このように、お肌一つ取ってみても、私たち人間の体は本当に良くできているなという印象を受けます。
年齢を重ねてもこの仕組みを守り続けるためにも、是非体の内側からのプラスアルファであるプラセンタサプリを上手に生活に取り入れて、年齢に負けないお肌作りをしていきたいものですね。